ストレスからくる不眠について

悩みや不安等のストレスからくる不眠で、病院にお世話になっている人が増えて
います。夜にしっかり休むことは、身体や心の健康にとても大切、放っておくと
深刻な問題に繋がることもあります。

厚生労働省の発表によると、平成20年には心の不安に悩む人は104.1万人と12年間
で2.4倍に増加したことが報告されています。
2009年には100万人を超えたことが報告されました。
心の不安に悩む人が増加した要因は、社会の多様化に伴いあらゆる場面でストレス
を溜め込んでしまう土壌ができているのではないかと推測されています。
今も多くの方が心に不安を抱えて毎日過ごしています。

その悩みの原因は、セロトニン不足にありました。
セロトニンは、不安のない快適な毎日をサポートする大切な休息成分です。
ところが、過度のストレスや生活習慣の変化から減少してしまい、体内で作られ
にくくなります。セロトニンの素になる栄養成分をバランス良く補給することが
大切です。

脳内物質セロトニンが適度に補給されると、鎮静作用によって精神状態が落ち着き
イライラや不安が軽減します。そして、良い睡眠がとれるようになります。

↓ココロの健康をサポートするマインドガードDX【こころの青汁】

マインドガードDX 心の青汁
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。